玉枕

玉(ぎょく)はとても珍しい石で、身体の健康を保つ作用をする物であるという事を発見しました。
有名な漢方医薬の諸書の「神農の本草経」「唐本草」「本草綱目」の中に記され「本草綱目」金石部の第8巻の中の記録には、玉(ぎょく)が持つ効能として、「胃の中で、熱さを除き、渇きを癒し,心肺を潤し、喉を助けて、五臓に栄養をつけ、柔らかい筋肉と強骨をつけ、血液の流れをスム−ズにし、よく聞こえる耳と、よく見える目、等に治療効果を持つ」とされています。
中国の古代の皇帝、武則天、乾隆、康熙、慈禧皇太后は、すべて曽久が玉(ぎょく)の枕を使っていたとされています。
当製品は、古代の玉(ぎょく)の枕の基礎を用いた上で、新たに制定する一種の斬新な玉(ぎょく)の枕です。
かたまりの玉(ぎょく)を採掘し、切断して、彫刻、研磨し、成不同の形と規格の小さい塊を加工して、異なっているデザインを、一緒に連結します。
当製品の造形は美しく、実用的で、健康を保つ作用があるといわれている枕です。当製品を100名のモニター実験を実施したところ、当商品を2〜18ヶ月使用した結果、頭痛や不眠、高血圧、脳血管、動脈硬化などの症状に、改善されたそうです。特に長期にわたり使用することにより、白髪が少なくなり、育毛効果もあり、記憶力を高める効果もあります。モニター実験の結果、98%以上の効果があり、その上、当製品には副作用がありません。各症状に対して、予防、症状改善、高血圧の発症率を下げるなどの大きな効果が期待できます。
当製品の症状を改善することができるという構造は、玉(ぎょく)は低温の特性を持っており、人体の役に立つ多種の微量元素が含まれているため、人の頭と接触することで、静電気を生むことができ、大脳の中枢経路の流れをよくすることができるといわれています。

閉じる