水晶

 水晶は人々がたいへん好む宝石の一種で、古来、水晶は水の結晶と考えられていました。
 水晶は、長い間きらきらと透明でやさしくてあっさりしていますので人々に神聖かつ純潔な物と見なされて、吉祥のシンボルとされています。
 水晶の化学成分は二酸化珪素で、特殊な形の石英の結晶を持ちます。
 硬度は7で、比重は2.65です。色は透明で、パープル、ピンク、ブルー、イエロー、があります。
 原産地は江蘇省北部の東海県です。
 水晶は見た目に綺麗で頭部を少しずつ冷やします。
 頭部を冷却するものとして最も効果が大きいと思われる、優れた枕です。
 近年は家の中や乗り物の中の冷房が広く普及しているため、寝具や冷却用敷物の要望、需要は低下していますが、就寝時における頭部の冷却は、冷房のある寝室においても、安眠促進上、必要となるため頭部を冷却するものとして最も効果が大きいと思われ、優れています。
 枕自体に冷却要素をそなえさせるのもよく、また冷却効果のある枕パッド、枕カバ−を作製して、従来の枕に装着します。
 枕全体を陶器の一体物にする方式もありますが、冷却性はあるものの柔軟性が無く、堅い枕を好む人が少ない為、一部の需要であって万人に好まれる枕ではありません。
 枕用の冷却要素を大型に拡大すれば、身体冷却、汗取り用敷物として使用できます。
 睡眠のよしあしは、人間の日常生活における活動に大きく影響するため、よい枕の選択は人間にとって極めて重要な事です。

閉じる